Discography » .hack//SIGN ORIGINAL SOUND & SONG TRACK 2

VICL-60906 | September 21, 2002
Soundtrack
20 tracks
[Click to Enlarge]

Music: Yuki Kajiura
Lyrics: Yuki Kajiura
Arrangement: Yuki Kajiura
Vocals: Emily Bindiger (1, 4, 17, 18, 20), Yuriko Kaida (13, 19)
Electric guitar: Susumu Nishikawa (1, 4, 11, 20)
Acoustic guitar: Masayoshi Furukawa (6), Koichiro Tashiro (9, 17)
Percussion: Ikuo Kakehashi (9, 17)
Accordion: Yoshiaki Sato (6)
Violin: Hitoshi Konno (8, 10, 16)
Piano: Masato Matsuda (2, 10, 16), Yuki Kajiura (12, 19)
Violocello Ayano Kasahara (2, 8, 10, 16)
Oboe: Masakazu Ishibashi (石橋雅一) (2, 9)
Saxophone: Genji Sawai (沢井原兒) (4, 20), Kazuhiro Takeda (13)
Musicians coordination: Fumio Takano (高野文男)


Tracklist

  1. open your heart
  2. smallest delight
  3. labyrinth
  4. in the land of twilight, under the moon
  5. in your mind
  6. bear
  7. echoes
  8. cyber-slum
  9. strangers
  10. where you are
  11. limits
  12. broken wings
  13. mimiru
  14. useless chatting
  15. secret project
  16. say goodbye
  17. to nowhere
  18. end of the world
  19. das wandern
  20. open your heart ~reprise

Liner Notes

「open your heart」
ー初出函第17話c-28〜c-45> | とりあえずダンジョンで恐攻略しに行こうか」。人との関わりを 嫌いアクセスしたはずの「The World」で、司はミミルによって、次 劉ーUエ確実に変化していく。そして、晶もまた、クリムによって、 睡衣の騎士団の長で偲なく、個人として持っている本来の気持ち ー素直になっていく。心を開き、自由にリミディアムテンボのリス ムに乗り繰り返されるメロディは、いつしか、残つも重ねられた快 *下*バートーリエいく、

「smallest delight」
<初出。第16話c-8〜c-13> –
死を経験した司の復活を喜び、LOGOUTできるようになったら「下 北沢へ行エう」と誘うミミルリ価のユーザーがあまり利用しない 面eldで屈託なくお喋Wに興じリとする態度からも、その婿しさほ 何事にも勝るものだったに違いない。ピアノとオーボ工によるイン トロ、その後加わるチェロによる温かな音色とメロディーラインは、 麗し込歴国映園リ巫の光と共に、穏やかな安らぎと宏 塔感を感じさせてくれる。ミミルの屈託ない悦びがそのまま表され ているような楽曲だ。

「labyrinth」
|The World」の世界観の中でも、都市部(ルートタウ
ン)から離れた辺境の地震岩だらけの山道、草木が生い
茂る遭跡、陽射しが入らない迷宮。バグパイプのソ口から
始まり、民族楽器のような音色を多く取り入れた楽曲から
■リ設歴入歴入墜ない、そんな土地をイメージさ

「in the land of twilight, under the moon」
リ。
<初出:第18話c-8〜c-10> 黙認と好意によって維持されてきた紅衣の騎士団。それは、 二A世界でリ異端の存在である、バージョシ違いはあるにしても同じ楽曲から引用されるフ レース園騎士団を解散させ一介のプレイヤーに戻った扇の旅立ちを追うように、幾度とな K繰り返し使われていく。そして、ラストシーン。晶は、騎士団を創設した理由=個人では成 し得なかった過去を胸に、 好意の裏側に潜んでいた感情に個人として立ち向かっていく。 そ の姿を、初めて完成型としての楽曲がサポートするリ力弱き者がら、意志強き者へリ品は変 わっていけるのだろうか。 |

「in your mind」

<初出。第9話G-7-C-16>。
■ 仮タイトルリ煙した大地」。初出となった第9話だ けでなく、その後リ第10、12.13話と、砂漠タイプのフィー ルドでクリムとETが落ち合っているシーンで使われた。 本来ほ口ケーシ目ン=舞台環境をイメージさせる楽曲とし で用意されていたが、その使われ方からは、環境としての *丁* ポ。

「bear」
<初出:第2話c-175〜c-183>
エコーディオンとアロースティック・ギターの軽快な調は、 釜エさぇ水の都ぺEスやフラメンコといった明るく部やか なイメージが強い。だが、労働者階級の楽しみとして、また 派芸人の楽器としての役割が大きかった歴史的背景を 考えると、その音色から哀盤のイメージを拭い去ることは。 エぎないリ初出となった第2話で使われたス口ー バ二ジョンで大きく感じるエとができる。ゲームがクリアで ぎないからと、何度。リセットを繰り返していた若い頃の自 分を思い出すぺアリ直接的な挫折ではないが、今思えば 三度と繰り返したKはない出来事なのだろ エ
エ

「echoes」
<初出:第2 ゆっくりとし 使い始めた リれ偲、第4話で示された『アクセス制限をしたに恋関わらず居続けている」司の驚慢すべき現状なのだろうか。また第10話では、 ETが親としで悩むベアに「司との関わ0川リの代償行翠ではないか」と疑問を投げかける場面で使われ、物事には表層と深層の *シエ いることがわかる。

「cyber-slum」
不穏な空気をかもしだすヴォーカルから始まり、重く響く リスムセクションと不安を感じさせる弦の響きが、深く静かに
るしでジワジワと身体の奥底に入り込んで行く。後半に入り 二転しエVイデンボに変わるが、そこに待っているのほ焦り と苛立ち漂ラストに鳴る鐘の音は、ステージをクリアできた。 極福なのか、それともバッド工ンド –

strangers.
畿つもの弦楽器とオーボ工、そして素朴なドラムで奏で られる楽曲からほ園落ち着きと素養を持つ、簡素な生活様 武での暮らしが連想される。だが、親子という概念を持たな The World. では、そこに子供たちのはしゃぐ声や、それ をたしなめた仇笑顔で見つめる大人たちはいない。風貌は リ全てのキエラクターがある程度成熟した大人により フレイリているのだ。純粋な心を持つ子供のようなリ クターはそこにはいない。

where you are
そのシンプルで軽やかな音色は、やわらかな陽射し が照らすフロアで演奏される室内楽を連想させ、多 ○のプレイヤーが『The World」を楽しんでいる、本 緊あるべき平穏なゲーム世界を表している。ー瞬 広リが選初出となった第4話では、そんな主人公 以外のプレイヤーの三面が、また第21話では、ミミル・ ベア・品のパーティが魔法陣から出現したモンスタ 二と戦うという、やリゲームらしい場面で使用され てい いる。

broken wings
<初出園第22話c-25〜C-31> –
自分の意志を代弁し、同時にゲームキャラとしてレベル 低い自分を守護していた紅衣の騎士団を解説した品が、 自身を自分の言葉で語る第22話が初出。品が持つ純粋 なまでの優しさと、純粋な優しさを信じていたい心の弱さ、 ーの二面性をカバーする「fake wings」のピアノソロバ 二ジョンリ心を和速せるピエアな音の響きの中に、かすか な悲しみを感じるエとができる。この楽曲が録音されたの リ7月半リ実リリミナリディー楽曲のレコーディングの遼 国、出掛けだSIGNのアフレコ現場で、その画面から何か を感じた音楽プロデューサーの野崎さんが「必ず必要に なる」と、急遽レローディングすることが決まった。このア ルバムにとってリさに出来なてホヤホヤの楽曲になる。

「limits」
■プレイヤーが感じている「The World」を体現する
エスティックなら、シンセサイザーを前面に出したこの楽 曲リネットゲームを作匹出した電子社会を表す代表曲だ ろう、ハイデシリで置を農重にも混在させた構成は、一般ユ 二ザーでは立ち入れないプログラムの奥底に隠れた闇を。 クイズのような音の世界でただひとつ響くクリアな単音は、 ーんな闇に紛れ込んでしまったユーザー・司を表しているの かもしれない。

「mimiru」
<初出:第10話c-82> – – 初出となった第10話では、わずか1フレースだが、ミミルがA-20に司を「友達だもん」と言う、じつに 印象的なカットで使われた。第13話では、珍しく自分からミミルを誘った司が何かを話そうと努力する、 やはりミミルが司との関係をより良く感じているシーンで使われている。この2つのシーンでは、共にヴォ 二カルバ二トだけを抜き取ったバージ目ンが使用されているが、原曲にある楽器たちのメロディーライン リオ二カルに負けず明るく、ミミルが感じている“小さな幸せ”をより大きく感じさせてくれる。

「useless chatting」
ー初出困第8話C-191~c-207> 第8話では言葉巧みにやりと ルをエるミミルと楚良、第13話で は居留守を使う銀漢などのシー シエ使われている。仮タイトルほ 「平気でウソをつく人々」。ギシ リシと鳴る違和感は感じるものの、 露れが天人故の技量だとも言う かのように、あくまでも軽やかな デン示で吐き出されるウソ。それ が悪意から出たものであっても、 ちリーとした悪恋ざけやお遊びだ。 としても、そのBGMとして同じ楽 曲が使われているのが面白い。

「secret project」
話c-222~c-250> 緩やかでも軽快でもないテンポ、またストリングスの高低差のあるメリデイラインは、何かに急がされているような立ち止まっ
ー – * *
ていてはいけない不安感を抱かせる。初出は、Eの物語に関わっていく司以外のキャラクターが初めて集まった第3話 感じていた「彼。また被害者なのかもしれない」という感覚が、事件の真相を究明していくこの物語の方向を位置づけた。また 第13話では、司のリアルでの現状を知ってしまったミミル、第15話では、“データから再生された司の自我”に対して不安を抱く ミミル・ベア・島、また第17話では、紅衣の騎士団解散への。新たな不安材料が提示される度に使われる印象的な楽曲だ。
罠 。

「say goodbye」
ー初出函第15話C-145~c-151>
ピアノ、バイオリン、チェロという3つ の楽器だけでの編成は「whereyouare」 と同じだがエのX口ディから受ける印 劉リるで正反対だ。その哀懲としか いえない弦の遷きは、第15話、「key of ühe twIght」を手に入れるため裏切り に近い行為を再び行ったことでミミルと 会い難KなってしまったBTの心情を的 確に表しているリた第16話でも、死を 傑験した司に「どんな感覚なのか」問 いかけてし理うETの不安、そして自分 が行ってきた行為への住びしさを強調 している。

「to nowhere」
– 乙初旺第16話c-98~c-133> –
初出の第16話で園紅衣の騎士団の長という立場を担 う品に、きつく当たるETのシーンで使用された。何かを得る リー他の便がを失う必要はないが、自分では認識してい ない何かが新しい物を得るために邪魔になってしまうこと (リ多分にあるエとだろう。それが晶にとっての騎士団なのか リれとリ心から暴言を吐いてしまったBTのプライド
なのか、現時点では推測の域を出ることはない。

「end of the world」
堅初出隧第15話竺112~c-133> – 第15話で、扇の胸に手を当てた司が感じることのなかった鼓動。それに変わるかのように 始まるイントロが印象的な楽曲。ピアノと対になるように、異なる2つ目の楽器でも奏でられ 旋律は、次第に司へ心を許し、同調していく品の心の動きのようにも感じられる。そして、 豔高ó問麼丑雷霆時、功才一力瓜分樂曲e膨熒心另瓜」 を与える。単独では、悲しみに満ちたメロディだけが印象に残る楽曲だが、映像に重ねられて みると、暗やみの中微かに輝く光、崩壊する壁の向こう側に見える道を暗示させるイメージが 浮かんでくる。

「das wandern」
<初出園第2話C-186〜C-202>
眠り続ける少女アウラの浮かぶ部屋に辿り着いた司は、あくまで リ穏やかで優しい”声”に語りかけられる。誰にも邪魔をされず、誰に も関わらず、司が居られる場所。そこで司が得るのは心の安らぎなの だるうか。初出となった第2話ではピアノだけのバージョンが、第4話 でリローラスが入ったバージョンが使われ、美しい色に輝くアウラのイ メージッシグのようにも感じられる。 –

「open your heart ~reprise」
o ■之初旺第sg話c-1~c-4。 ギターを前面に出し、サックスなどよ 2多くの楽器と新たなコーラスパートを 加え、より壮大なイメージに仕上げたこ [open your heart] バージ目ン違い、初出となる第19話では、 吻オ二カル部分のみが使われ、時を忘れ 互いの心を通わせる司と島を静か っている。